もっと自分に合う仕事はある!? 仕事の悩みについてのサイト

だまされないいで! 求職者を狙ったトラブルあり


┌(・。・)┘└(・。・)┐┌(・。・)┘




オンライン英会話の選び方

┌(・。・)┘└(・。・)┐┌(・。・)┘

求職者を狙ったトラブルに注意

求職者がターゲットになったトラブルが起きています。
騙そうとする業者が悪いだけでは済まされない、仕事が少ないという社会的背景があります。

下記の様な情報があります。私たちは仕事探しには十分警戒しだまされない様にしなければなりませんね。

アフェリエイトやドロップシッピングのトラブル

アフェリエイトやドロップシッピングが手軽に副収入を得られるのを利用して高額なウェブサイトを売りつけるトラブルが発生しています。 「絶対に儲かる」等の不実が広告文に使われている場合もあり、特定商取引法に定められている故意による不実告知に該当するとのことです。

数十万円から百万円もの大金が騙し取られているとのことです。

面接時に高額な物品を購入させられるトラブル

求人募集に書かれていなかったのに、その業務を行うには物品購入の必要性を突然告げられ契約させられるトラブルがあります。 求職者という弱い立場を利用した商法です。
同様な手口としてフランチャイズ代理店募集にも見受けられます。学習教材やパソコンソフト、そして車までも購入を求められるトラブルです。

ノルマがきつい営業をさせられるトラブル

高いノルマがあり、達成できないと辛い仕打ちを受けるというトラブルがあります。募集時にはその高いノルマは知らされておらず、むしろ、”明るい職場”等の労働条件が良い印象を与える説明がされている場合があります。 精神的に追い詰められ、退職を余儀なくされるという、所謂、ブラック企業の求人です。

背景には失業率の高さがあります。またハローワークで求人募集をするには低コストで済みますので、従業員が長続きしなくとも直ぐにコストをかけずに代わりを雇う事ができる仕組みにも問題があると感じます。

トラブルにあった時の相談先

● 仕事の斡旋や就職の条件で物品やサービスを購入させられた場合
                    → 全国の消費者センター

● 労働条件が悪い・ストレスを受けた場合
                    → 下記の全国の厚生省労働局